読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kano

こんにちは!こんばんは!kanoです! ブログ製作の目的はpixivという小説、漫画、イラスト投稿サイトに投稿している小説をより多くの人に知ってもらうためです。 主にSAO(ソードアート・オンライン)の二次創作の小説をDreamさんと書かせていただいています。【星の数ほどの明日を】という題名で、内容は、世界観や設定は変えずSAOというデスゲームで生きるプレイヤーの物語となっていて、オリジナル性が強い作品となっています。 閲覧、評価等よろしくお願いします!

【小説】星の数ほどの明日を.2

pixivにて投稿しております文を一部公開します。

 

昨日セットしておいたアラームのおかげで、時間ぴったりに、目が覚めてしまった私は、早速出かける準備を始めた。

とはいっても、行き先は、階段を下りた先のレストランだ。この世界では、実際に着替えたりするわけではなく、ウィンドウを操作するだけなので、数分で準備は完了した。そのまま部屋を出て、「彼」との持ち合わせ場所へ向かう。

私は、ひょんなことから 彼 ━━━ タクトとコンビを組むことなり、今日はその一日目だった。
心なしか、いつもより足取りが弾む。もしかすると、狩りを楽しみにしているのは初めてかもしれない。いや、間違えなく初めてだろう。これまでの狩りは、あくまでもレベリングの為であり、「楽しみ」だなんて感情を持ったことは、一度として無かったはずだ。
それなら、こんなにもワクワクしているのはなぜなのだろう?これまでと変わったことといえば、 "一人" が "二人" になったことだろうか。

 


興味を持ってくださった方は是非読んで見てください!

星の数ほどの明日を.2

http://touch.pixiv.net/novel/show.php?id=7398921